7/20土「ホピの予言」上映会&山田眞佑里トークライブ!

こんにちは。

CHAKA*の真世です。



私のブログを読んでいただき

ありがとうございます❤




私は札幌でコチラ ↓ の活動をしています。


①中東雑貨のセレクトショップ

②ベリーダンス∞シルクベール制作アトリエ

③グリーフケアセラピストによるアカシックリーディングサロン


CHAKA* sapporo Official Site




ざっくり説明すると

人生相談のできる雑貨屋さん

という感じです(笑)。




詳しくは

真世STORYを綴っている最中なので

よかったらご覧ください。

自己紹介







東京・大阪・札幌の3都市で

イベントを開催します!


主催は全国&アメリカの

LBプロジェクトメンバーです。



東京 7月6日(土) 14:00~

@新橋レンガ通りホール

→満席になりました!


大阪 7月15日(月祝) 13:30~

@天満橋ドーンセンター視聴覚室

→詳細はコチラ


札幌 7月20日(土) 15:00~

@フェアトレード雑貨&レストラン みんたる




私は札幌支部メンバーとして

開催準備を進めています。



「参加してよかった!」

と思っていただけるイベントを企画

していますので、ピンときた方は

ぜひお気軽にご参加くださいね❤


はじめましての方も大歓迎です!




「調和のスピリット」って何だろう?


~古代の叡智につながる新しい時代~




★「ホピの予言」上映会

★山田眞佑里トークライブ

★縄文太鼓演奏 石田しろ




ネイティブアメリカンのホピ族には、

古代の神々から託されたさまざまな

予言が伝承されています。


とくに有名な予言はロードプラン

と呼ばれる岩絵で、

ふたつに分かれた道と

その行き先が描かれています。



ひとつは物質社会に生きる道で、

そこには第一次&第二次世界大戦、

さらに第三次世界大戦が起こり、

物質文明の破壊と消滅の予言。


そしてもうひとつは、

継続できる循環社会を目指した

精神的な生き方を示す道。



「ホピ」とは平和を意味し、

彼らを含めたアメリカ先住民は、

大地を母としてすべての生命との調和

を拠りどころとしています。




一万年以上続いた日本の縄文時代

そしてその流れを色濃く受け継ぐ

アイヌ民族の精神性も、

ホピの精神性と共通する在り方です。




1986年に製作された

ドキュメンタリー映画「ホピの予言」の上映。



私たちの心のあり方こそが

世界を変えることになると、

グリーフケアセラピスト養成講座

主宰する山田眞佑里のトークライブ



そして縄文太鼓を通して縄文の思想・

哲学を発信する石田しろの演奏



この3本柱を通して、自らの内側にある

調和の精神性を磨いてみませんか?




日時:7月20日(土) 15:00~

会場:フェアトレード雑貨&レストラン みんたる

   札幌市北区北14条西3丁目2-19


参加費:予約2,000円・当日2,500円(1ドリンク付)


※終了後に懇親会もあります!

お申し込み時にご予約ください。

2,000円(1ドリンク&お料理)



↓ お申し込みはコチラから

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aXzoJqOgi



主催:LBプロジェクト

https://ameblo.jp/lbproject/






グリーフケアの専門家

山田眞佑里


米国クラフトンヒルズカレッジ心理学部卒業後、新聞社、外資系5つ星ホテルの宿泊総支配人秘書など経て、30歳で銀行国際部に転職。女性初の海外投資及び開発担当者となる。

ビジネスでは世界各国の富裕層を顧客に持ち、プライベートでは両親の事業負債約6億円を完済するなど様々な経験を持つ。

2000年からヒーリング&スピリチュアル分野に興味を持ち、古神道、運命学、開運学、直伝霊気などの研鑽を積む。

仕事をしながら社内の社員の相談に乗る活動を始めたところ、「心が元気になる」という口コミで、顧客や社外からも相談者が続出。

2011年にヒーリングサロPearly Roseを創設。


現在は東京・札幌・大阪にサロンを設け、延べ6,000人以上の個別カウンセリングを行う傍、グリーフケアセラピスト養成講座を開講。

東京、大阪、札幌を中心に100名以上の卒業生を輩出し、今後、日本においてより必要となるグリーフケアの普及に努める。






石田しろ


北海道の土とエゾシカの皮で作った「縄文太鼓」の制作・演奏家。

西アフリカの伝統民族楽器ジャンベの講師。


縄文太鼓を通して、北海道から世界へ向けて縄文の思想・哲学・芸術・文化のすばらしさを発信すべく活動を続ける。

縄文の探求を続ける傍ら、北海道の先住民であるアイヌ民族の叡智に触れ、共感し、親交を深める。

屈斜路湖のアイヌ詩曲舞踏団「モシリ」、コンテンポラリーアイヌユニット「レタラ」などのユニットでも活動中。






CHAKA sapporo 中東雑貨のセレクトショップ・ベリーダンス∞シルクベール・アカシックリーディングサロン

CHAKA* sapporoでは、「中東雑貨のセレクトショップ」「ベリーダンス∞シルクベール制作アトリエ」「アカシックリーディングサロン」を運営しています。